« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

雨やーい!

雨が続きますね。。。

子供達も夏休みなのにプールに行けなくて可哀想です。

こう雨ばかり続くと、カヌーの塗装もできません。

中途半端に塗りかけたままです。 週末も天気は悪そうだし、いったいいつになったら晴れるんでしょう?

お願いだからいいかげんに晴れて!Dscn2711

|

2009年7月29日 (水)

家族で伊豆旅行に行きました

毎年恒例の伊豆旅行に行ってきました。

カヌー抜きの海水浴と観光ですが、いつもカヌー遊びでわがままさせてもらっている分、家族サービスに徹します。

といっても水に入れば、魚を求めていつまでもシュノーケリングしている私でした。(結局自分の好きなことやってるだけだったりして。。。)

伊東川奈のいるか浜にて。。。  初の水中撮影です。カヌーのときと同じく、DicaPacαにデジカメを入れて使いました。  すると。。。お!小魚が水面直下を群れています。

Dscn2661

DicaPacα、海水浴やちょっとした水中撮影にもってこいです。

Dscn2706

イシダイの幼魚。 もう少しこっち向いて!

撮影できませんでしたが、アカブダイの50cm級もいて感動しました!さすがに警戒心が強く、すぐに岩場に隠れてしまいましたが。Dscn2646

朝食前に八幡野の漁港で竿を出しました。  エサは現地で獲ったフナムシ、 コマセは無しです。 Dscn2663

下田の九十浜は白い砂浜&透き通る水で沖縄みたい。家族みんなで大満足でした。 また来年も伊豆に行きますDscn2686

|

2009年7月23日 (木)

着衣泳を体験しました

今日は自治体主催の着衣泳教室を子供と一緒に受講しました。

カヌーや海釣りをするときは必ずライフジャケットを装着しますが、水辺では不意の事故によって思わぬときに落水するかもしれません。

ライフジャケット無し、長袖長ズボン(町を歩く服装)で落水した場合、どうすべきかを学びました。

欧州各国では小学校の授業で必ず着衣泳を教わるそうですが、アジアではその機会も少ないせいか子供の着衣時の水難事故の割合が欧州に比べて非常に高いそうです。

実際にジーンズ、綿の長袖、スニーカーでプールに入りました。 当然、服が邪魔してうまく泳げません。 

教わったポイントは、以下の通りでした。 今回学んだ着衣泳とは、泳ぐのでは無く、確実に浮いて助けを待つ方法でした。

1.手を振って大声で助けを呼ばないこと。 

 空中の手には浮力は働かず、重りとなる。大声を出すと、肺の空気が抜けて、浮力が落ちる。

2.服を脱がない、靴を脱がない。 

 途中で服が脱げなくなった場合、体を縛ったのと同じことになり危険。 また、スニーカー等の靴自体に浮力があるので、履いたままでいること。 無理に泳ごうとしないこと。

3.仰向けに浮いて助けを待つ。

仰向けに浮き、リラックスして大きく息を吸い、肺を膨らませる。 吐くときは短く吐き、また大きく吸う。 視線は空に向ける。 腹を見ると、背中が丸くなり、腰が沈んでしまう。 背中を丸めず、逆に反らせるように意識する。

Dscn2577

4.浮くものにつかまる。

 仰向けのまま、胸に浮くものを抱く。 ペットボトル、魔法瓶、未開封の菓子袋、ランドセル、等々。 

(普通サイズのポテトチップの袋でも大人がしっかり浮きました。)

Dscn2587

ランドセルで

Dscn2593 5.救助するとき

浮くものを浮いている人の近くに投げてあげる。空の2リットルペットボトルを投げた場合、飛距離は13m程度。

6. 釣竿による救助

リール付の釣り竿にペットボトルを付け、キャストして救助する。 無理にリールを巻くと糸が切れるので、ポンピングの要領で竿全体で引いて弛んだ糸を巻く、を繰り返す。 止水の場合、小2が大人を救助することができました。 釣りの仕掛けはボトルの中に入れ、キャップを閉めれば固定できる。 届くまで何度でもキャストできる。Dscn2606

実際は波や風、流れ等で状況は複雑になってきますが、基本はこの通りでした。 いざという時にパニックにならず、冷静に対処できるよう、日ごろから訓練しておきたいと思います。 

|

2009年7月20日 (月)

カヌーの塗り替え開始!

いよいよアウトリガーカヌーの塗り替えを開始しました!

色は海上での視認性、汚れの目立たなさを考え、そして大好きな「紅の豚」の戦闘飛行艇みたいにしたかったので(これが一番の理由です (笑) ) 赤にしました。

Dscn2554

Dscn2540

まずはフロートを2回塗り、カヌー本体はデッキのみ2回塗りました。

Dscn2550

来週はサイド、その次はボトムと順々に塗っていきます。 また天気予報とにらめっこですね。

Dscn2548

はっきりいって仕上がりは 綺麗とはいえず、「いかにも手作り風」(笑)ですが、それでいいんです。 市販品ではなく、手作りの戦闘飛行艇ですから!(笑)

さあ、どんどん塗っちゃいましょう!

|

2009年7月18日 (土)

カヌー製作のスナップ写真

毎日暑いですね! でも私がアウトリガーカヌーを作った2007年の夏はもっと暑かったです。(38度の炎天下で毎日作ってました! 今思えば我ながら良く頑張りました。。。) そんなカヌー製作の日々を収めたスナップ写真を繋いで、一本の動画にしてみました。

一枚のペナペナの合板だった船体同士が、組み上がってモノコックボディを構成すると、全く別物のようにガッチリした構造物に生まれ変わりました。 カヌーを作って一番驚いたのがこの点です。

構想から製作、完成、進水、そして魚を釣り上げるまでを振り返ると感慨深いものがあります。

ホームセンターに積まれていた合板が、フネになって海に浮かび、走り、魚を釣り上げるなんて痛快です。

でも、でも!  忘れてはならないのが、家族の協力です。

木屑と匂いと、騒音で3ヶ月間も庭を占領してしまいました。

私のワガママを許してくれて本当にどうもありがとう! 感謝してます。。。 

|

2009年7月15日 (水)

あの夏の日に

暑い夏がやってきました! 

ある夏の暑い日、釣りキチ少年だった小学生の私に父が買ってくれて以来、もう30年以上も大事にしている本があります。ページを捲る度に、初めてこの本に出会ったときの暑かった夏を思い出します。

巨匠、故開高健さんの「オーパ!」、「もっと遠く!」、「もっと広く!」 の3冊です。Dscn2525

衝撃的な表紙に続いて、沢山の凄まじい迫力の写真と、巨匠の世界観の大きさには今も圧倒され続けています。

小学生だった当時の自分には巨匠の深い言葉の意味は正直分からなかったけれど、釣り竿を片手に世界中を釣り歩く開高さんの背中に子供の頃から憧れていました。

開高さんのような気高い釣りは凡人の私にはとても真似はできませんが。。。

世界は広い!釣りって奥が深い!と思わせてくれる、私の宝物のような本です。 

|

2009年7月12日 (日)

子供に釣り負けた~! 完敗!

日曜日、都議会議員選挙の投票に行った後、長男と近所の川へ。

今日はアウトリガーカヌーではなく、清流釣りです。

狙いは「カワムツ」。 言い訳無しの一本勝負、男同士の釣り対決です。

一人で来るときはフライで釣りますが、今日は長男(小2)と一緒なのでエサ釣りです。

まずは川の中にザブザブ入って、エサとなる川虫を捕まえます。 石をひっくり返すといるわいるわ、10分程で50匹近い川虫を捕まえました。 エサは現地調達が一番です。

早速釣り開始! と、先に釣り上げたのは、やはり長男の方でした。

Dscn2511

その後も長男は釣りマシンのようにポンポンとカワムツを釣り上げていきます。

Dscn2519

「お父さん、もう少し右のほうが釣れるよ、そうそう、それ位でいいよ」

余裕たっぷりの長男にコーチングを受ける始末。。。

Dscn2517

釣り勝負、終ってみたら16対6で長男の圧勝でした。

ファーストヒット賞も長男

大物賞も長男

数釣り賞も長男

オヤジは完敗でした!

Dscn2524

仕掛けもエサも場所も全部同じなのにこれだけの差をつけられました。

うーん、やはりこの男、生まれつき釣りが上手いのかもしれません。

子供が成長して嬉しいやら、悔しいやら。。。 とにかく今週も楽しい一日でした!

|

2009年7月 8日 (水)

ムービー、今度は違うアングルで!

今年からカヌーのムービーを撮り始めて3本、改めて見直してみました。

5月三浦半島和田長浜にて

6月東京湾盤洲にてシーバスフィッシング!

6月、もう一回盤洲にてシーバス!

カヌーのフロントのイアコ(腕木)にデジカメを固定し、自分が漕いだり釣りをしている姿を前方から撮っています。 うーん、こうして見るといつも同じアングルですね。

今度はアマ(フロート)にカメラを載せて横から撮ろうかな?

ローアングルや、水中映像も早く撮りたいし。。。 斜め後ろからも撮ってみます。 

フラッグのポールに付けて、上からも撮ってみようかな?  伴走艇から撮ってもらったり。。。 そういえばいつも単独ですね。 平日が多いので仕方ないですが。。。

作る、漕ぐ、釣る、に「撮る」が加わりました。アウトリガーカヌーっていろいろな楽しみ方がありますね。Dscn2482

|

2009年7月 4日 (土)

晴れた メンテナンスだ

よし、今日は晴れ! さあメンテナンスの続きです。

アマ(フロート)にもガラステープを貼りました。 今までボトムだけに貼っていましたが、サイドも車載時にストラップで擦れる場合があるので追加しました。 

Dscn2502

これでカヌー、アマ共に全てのエッジをガラステープで補強しました。

地味な作業ですが、長く乗るためには必要になってきます。

終ったらバッチリ日焼けしていました。海じゃないのに。(笑)

さあ来週はいよいよ塗装です。 イメチェンしますよ。

|

2009年7月 3日 (金)

雨の日の工作

今日も雨です。 なかなかカヌーをいじれません。

仕方が無いので、延び延びになっていた、模型飛行機の修理をしています。

Dscn2500

アニメ 「紅の豚」に登場する赤い飛行艇を10年前に作り、庭に飾っていました。

翼長は55センチでプロペラが風車のようにクルクル回るようになっています。 

防水処理をしていましたが、長年の風雨で痛んでしまいました。

当時よりプラモデルも売っていましたが、大きいサイズが欲しかったので木をゴリゴリ削って作ってしまいました。 豚さんも乗っています。(早くクリップを外してあげないと窮屈そう。。。)

Dscn2501

そういえば、アニメの中で、飛行艇乗り達は愛機のことを 「オレのフネ」と呼んでいましたっけ。

 なんだかアウトリガーカヌーの雰囲気に似ているなーと思ってしまうのは私だけでしょうか?

|

2009年7月 1日 (水)

カヌーのメンテナンス (つづき)

梅雨の合間を縫うようにして、カヌーのメンテナンスをしています。

エポキシを塗るので、天気予報とにらめっこしながらの作業です。

私の住んでいる町は東京とはいっても奥多摩の山が近いので、天候の変化が激しいんです。都心は晴れていても、こちらは雷雨なんてことがしょっちゅうあります。

Dscn2496

今日は会社から帰ってから30分間、先日接着したガラステープをサンディングしました。

これが終われば塗装です。

夏に向けて、実はカヌーの「お色直し」を予定しています。楽しみ!

Dscn2497

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »